上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

--.--.-- -- l スポンサー広告 l top


2ヶ月前
堪り兼ねた俺は最上さんに告白し、逃げようとするところを捕まえ、とにかく拝み倒して、なんとか彼氏の地位をゲットした。


そんな交際スタートだったから、勿論彼女から「好き」だと言われた事もなければ、その様な素振りもない。


なんとか、彼女の心も…身体も
全てが欲しいと思う今日この頃。



【Wish】



今日は彼女が部屋に来てくれる日。

部屋のカードキーは先に社さんから渡して貰ってあるから、俺は早く最上さんに会うべく仕事を精力的にこなす。


仕事が終わり急いで帰れば、愛しい彼女が出迎えてくれた。

「おかえりなさい、敦賀さん。
もうお夕飯出来てますよ。
すぐ食べられます?それともシャワー浴びられます?」

「先に食事にしよう?
最上さん、お腹空いてるでしょ?」

花の様な笑顔の最上さんと、まるで新婚の様な会話。


俺の幸せはいつでも、最上さんが与えてくれる。


ラフな格好に着替えて、最上さんの料理を囲み、俺は幸せな時間を料理と共に噛み締める。


食事も終わりコーヒーを啜っていると、ソファの隣りの微笑む彼女と目が合った。

心臓がドクンと鳴る。

持っていたカップをテーブルに置き、小さな体を腕の中に捕まえる。


最上さんの心も、こんなふうに簡単に捕まえられたらいいのに…。


腕の中の彼女は嫌がる事なく、額を俺の胸につけている。

女性特有の柔らかい身体。
仄かに匂う甘さ。
なにより、大人しく収まっている彼女が、俺の都合のいいように感じてしまう。

もしかしたら…
最上さんも俺の事、想ってくれているのかもしれない……と。


マズイ…そんな事を考えながら長い時間この体制は、非常にマズイ。

名残惜しいがゆっくり離すと、赤い顔の彼女と目が合う。

可愛い…

俺のものにしたいという衝動が駆け巡る。

右の頬に手をあて、俺はゆっくりキスをした。
そっと触れるだけのキスは、俺の理性を簡単に揺さぶる。

この2ヶ月、数える程度だが彼女はこんなキスを受け入れてくれる。

人間とは欲深いものだと思い知る。
彼女への欲情が、溢れ出す。

俺はこの触れるだけの唇を、角度を変えて啄んだ。

甘く、柔らかい唇。
薄っすらと瞼を開ければ、ギュッと瞳を閉じ、されるがままの可愛い君。

初心者の彼女は苦しくなってきたのか、顔を背けようとするがそれをさせずに両手で頬を包み、少し開いた唇から舌を挿し入れる。

彼女の口内をゆっくりと味わう。

脳が痺れそうなほど甘美な彼女。
この魅力に抗えず、そのまま全てを喰べたい欲望が膨らむ。

長い時間を掛け口内を味わい、ゆっくり離れると
瞳は潤み、唇は赤く濡れ、顔は紅潮した、艶かしいまでの彼女がいた。

こんなふうににしたのは俺だと思うとゾクゾクする。

「好きだよ、最上さん」

俺は彼女を抱き上げ、寝室に向かった。

抵抗しない彼女をベッドにおろし、俺は彼女の額にキスをした。

「君が欲しい。
もし、君の気持ちが俺にないなら…
今すぐ、逃げてくれ……」



**********


次回は桃色の為、限定になりますよ。
うちの敦賀さんは限りなくお手が早いもので……。

web拍手 by FC2

2013.03.18 Mon l Wish l コメント (8) トラックバック (0) l top

コメント

例え手が早くとも。
キョコちゃんを自分のものにして出来るくらい甘やかして幸せにしてくださるなら、どんなに手が早くたって問題ないですね。
キョコちゃんペースで事をおこすなら多分二人とも、ジジババになっちゃいそうだもの。
2013.03.18 Mon l 美音. URL l 編集
キョコさんw
どんな想いで付き合ってるんでしょうね。

ヘタレから、手の早い男になった蓮さん。

今夜はノーブレーキなのかしら。(笑)
2013.03.18 Mon l 魔人. URL l 編集
美音様
全くです。
キョーコさんのペースに任せてたら、いつまで経っても事が進まないですね。
基本ハピエン主義ですが、筆者が多少Sなので…その辺は大目にみて下さいね(*^_^*)
2013.03.18 Mon l KAZETORI. URL l 編集
魔人様
思い起こせば、アクセルが踏まれる事は多々あっても、ブレーキがかかった事は一度も無い!
なにしろ書いているのがわたくしなので…。
ブレーキ…その技、いただきます(*^_^*)b
2013.03.19 Tue l KAZETORI. URL l 編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013.07.19 Fri l . l 編集
I様へ
パスについてのコメントを下さったI様へ

コメントありがとうございます♪

なるほど、どちらも利用していない方…というのは想定してませんでした。
でも、そうした方でもこんな僻地に辿り着き、ありがたい事にもパス請求を頂けるのはとても嬉しいです。

なので、そうした方でもパスが渡るように、メールフォームをご利用できるように致しました。

もしよければこちらをご利用下さい。


風鳥
2013.07.19 Fri l 風鳥. URL l 編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013.07.20 Sat l . l 編集
I様へ
I様へ

すみません、説明不足でしたね。
このブログの『パスについて』という記事がございます。
その中にメールフォームという文字があります。
それを押して貰うと、メールフォームへとぶので、そこからパス請求をお願い致します。

何度も申し訳ありませんが、よろしくお願い致します。

2013.07.20 Sat l 風鳥. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://kazetorinomawarimich.blog.fc2.com/tb.php/25-31839aa1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。