上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

--.--.-- -- l スポンサー広告 l top



ドラマの撮影現場で、今回も一緒になった貴島くんと出番待ちで椅子に座っている。
そんな中、貴島くんから話が振られた。

「敦賀くんさー。今、彼女いないんだっけ?」

椅子にまたがり、セットの方を見ながら聞かれる。

「いないよ。」

同じくセットの方を見ながら答える。

「敦賀くんってさー、女の子と噂になった事って無いよね?
上手く隠してるの?」

「彼女いないから、噂になりようが無いんだよ。」

「でも男だから、女の子が欲しい時だってあるでしょ?
そんな時はどうしてるの?」

「……さあ?どうだろうね。」

「…敦賀くんってそういう方面、本当に秘密主義だよね。」

「貴島くんはオープンだよね。あの彼女との噂、本当なの?」

「え?どの子かな?」

「…悪いオトコだね。」

お互いクスクス笑う。

「でもこの世界で生きていると、絶対噂になっちゃうだろう?たとえ一夜だけでも。
そんな噂も出さない敦賀くんって本当すごいよ。
口の堅い専門職の女の子とかにお願いしてるの?」

「その辺の事は秘密だよ。」

「残念。」

そこにスタッフから声を掛けられる。
「敦賀さん、貴島さん、スタンバイお願いしまーす。」

2人同時に椅子から立ち、セットへと向かう。





立ち聞きなんてするつもりなかったのに!!
なんとなく話の内容に声を掛けられず、そのまま隠れるようにして聞いてしまった。

キョーコは今まで聞いてしまったオトコの会話を反芻する。

そっか…男の人は女の人が必要な時っていうのがあるんだ。
生理的に女性が必要な時…っていう事、なのかな?!

敦賀さんも男性だもんね。

確かにこの業界、一晩だけの関係だとしても噂にはなりやすい。
しかも、敦賀さんは抱かれたい男No.1に君臨するお方。
そんなヒトと親密になれれば、女の方だってあまり隠したがらない。


なんで敦賀さんはこっちがビックリするくらい、スキャンダルの1つも無いんだろう?
貴島さんの言うように、プロの方と……?


まさか本人に聞くことも出来ず、キョーコはこの日から暫く悶々と過ごすことになる。




web拍手 by FC2

2013.02.18 Mon l Conversation of men l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://kazetorinomawarimich.blog.fc2.com/tb.php/5-bb42dabd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。