上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

--.--.-- -- l スポンサー広告 l top



遅くなりました~(^_^;)
進展してませんが、『迷惑千万なバレンタイン 5』をどうぞ。










大きなドアの前で、キョーコは弾む胸を抑えながら立ち止まった。

教えられた病室の扉にネームは無く、キョーコは一瞬躊躇したが控えめにノックをする。
その音にすぐ社がドアを開け出て来た。

「やあ、キョーコちゃん。ごめんね、来て貰っちゃって」

病室には招き入れずに、そのまま廊下を経てある部屋へと入った。
イスが2つと小さなテーブルが1つの小さな個室。
座るよう促されて、社も正面に腰をおろした。

「敦賀さん…ご病気ですか?それとも、お怪我でも?」

「ああ…うん。まあ…」

なんとも歯切れの悪い社。
キョーコが言葉を挟もうかと思ったところで、社は大きなため息と共に言った。

「食べ過ぎ…でね」

その言葉に暫しの沈黙が流れた。

「…………は?」

「このところ蓮、頑張ってすごい食べてたんだ。
周りがビックリするくらい」

「そう…らしいですね」

「最初はね?良いと思ってたんだよ。
普段は知っての通りの状態だったから、食べようと思ってくれてる事を損ねないようにしたし…
応援したりしてたんだけど」

はあ…とまた、大きな息を吐く。

「あいつの省スペースな容量を大きく上回る量を、毎食決死の覚悟みたいな顔でさ…
隣りで見てて鬼気迫るものがあったよ」

そういえば、以前DMでの撮影で軽井沢に行った時も…食べ過ぎで昼食時にダウンしてたっけ。

「で、とうとうこんな有り様」

首をすくめる社。

「今はもう、食べ物を見るのはおろか、その言葉を聞いただけでも吐いちゃう始末でね…。だから」

一旦そこで言葉を区切った社は、キョーコの方を向き佇まいを正す。

「今日から暫らく、蓮の食生活を全面的にお願いしたいんだ」






スケジュール調整の都合で事務所に行くから蓮をよろしく~、と言って社は胃辺りを押さえて出て行った。
キョーコは先程のネームのない扉をノックした。

返事はない。

社によろしく頼まれたからには、帰ることはできない。

キョーコはゆっくりドアを開けた。

中は『白一色』ではなく木目を基調とした落ち着いた感じで、入った正面にローテブルを挟んでソファが置いてある。
程良く間接照明が部屋を照らし、部屋を柔らかな雰囲気にしている。
まるでホテルのようだ。

その奥に、やはり木目調の上品なベッドがあった。
蓮の寝室のベッドよりは少し小さいそれ。
その上で、蓮は眠っていた。

キョーコはベッドの隣りにあったイスに静かに座った。

顔色が悪い。

血色を失った顔は、眠っていてもなお苦悶を浮かべていて、投げ出された腕には点滴の管が繋がれている。


「……っ…!」

苦悶の表情が急に増したかと思うと、蓮がパッと目を見開いた。

「どうされました?!」

キョーコは思わず近付く。

「……あれ、最上さん?」

「社さんに呼ばれまして…お邪魔させて頂いてます」

「…そうか。ありがとう」

「……大丈夫ですか?」

額には薄っすらと汗が滲んでいる。
それをハンカチでそっと拭った。

「ああ…うん。食べ物が…追いかけて来る、夢を…」

言葉の途中で蓮は手で口を覆い、隠せない嘔気に目を瞑る。
本来ならばそんな言葉を聞けばクスリと笑いながら、何ですかそれは、とでも言う場面だろう。
だが、額に新たな汗をジワリと浮かばせ嘔気を耐える姿に、キョーコはそっとまたハンカチで拭った。

「……俺はもう大丈夫だから、最上さんは帰って平気だよ?」

ふぅ、と息を吐き、ゆっくり瞳を開いた蓮が弱々しく微笑む。

「大丈夫じゃないですよ。暫らく敦賀さんの食生活のお世話を仰せつかってます。
だから、観念して下さい」

キョーコがそう言い聞かすように言ったところで、コンコンという音と共に社が部屋へと入って来た。

「お、起きたか?」

「……社さん。すみませんでした」

起き上がろうとする蓮を制して、社はキョーコの隣りに座った。

「調子が戻るまでは無理の無いようにスケジュール調整して来たよ。
ただ、仕事を無にするのは難しいから…キョーコちゃんに体調管理を頼んだ。
お前管理じゃ、悪くなる事はあっても良くなる事はないだろうからな」

反論は許さないとでもいう口調で話を続ける。

「仕事の為に、無理言って明日の退院を許可して貰ったから」

社は急にキョーコへと向き直り、

「悪いけどキョーコちゃん、蓮の所で暫らく食事管理お願いするね。
その間の仕事は社長が調整してくれたから」

そう冷静に、社は言った。





web拍手 by FC2

2014.03.28 Fri l 迷惑千万なバレンタイン l コメント (2) トラックバック (0) l top

コメント

今回は。
社氏の有無を言わさずのキョコ依頼が幸いしそうですね!

もっとやわらかい依頼だっったら、蓮さんの遠慮発言をキョコさんが曲解という最悪の線もありえちゃいますし。( ̄▽ ̄;

お泊まりでビシバシ!!?

誤解もとけますように。ー(=´∀`)人(´∀`=)
2014.03.28 Fri l 魔人. URL l 編集
魔人様
コメントありがとうございます♪

空気が読めて機転も効く社さん、ありがたや~。
一家に一人、社さん、ですね♡

敦賀宅で解決して行きますー(*^_^*)
2014.03.31 Mon l 風鳥. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://kazetorinomawarimich.blog.fc2.com/tb.php/117-a804f116
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。