上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
皆様ご存知『B.P.D』(ボクサーパンツ同盟)にこっそり参加のワタクシです♪

B.P.D
※転載禁止

管理人様「まことしやかに」のちょび様の記事に飛びます。



ステキ作品が飛び交う中…いいのかな、こんなんをUPしちゃって(泣)
あは♪まあ、私以外の素敵マスター様の作品でお口直しをして貰えばいいっか!




※成立後の設定です




【名残り】




キョーコは畳んだ洗濯物を手にしたまま、ソレを凝視していた。

「……………」

蓮の下着が入っている引き出しの奥の方に。
キョーコが蓮のこの部屋に越して来た時から、そこにずっと在るのは知っていた。
敢えて今まで手に取る事もなく、見て見ぬ振りをしていた、が…。
洗濯したての手のものをすぐ横に置き、視線の先のソレを手に取り、目の前に広げてみる。

「……なに、コレ………」

目の前で剥き出しになったソレは、ナイロン製の光沢が黒く光っている……ビキニ?

キョーコは無言でソレを置くと、更にもう一枚広げた。
隣りにあったソレは…色もシンプルだが、布の面積も極めてシンプルな…後ろ(?)部分が紐のように心もとないパンツ。

「コレは、なに?パンツなの?」

次々に手に取ったソレ等を広げる。

「総レース。これは両サイドが紐。こっちは可愛らしい柄……のマイクロビキニ…?」

サイズ的にも前の部分の感じ的にも、女性用…ではないソレ等。


「もしかして……敦賀さんの?」


出てきたソレ等に、キョーコの手が震えた。


「敦賀さん…本当はこういう下着がお好みなの?」

思い出せる蓮の下着姿といえば、いつもシンプルなカラーのボクサーパンツただ一択。
いま出したコレ等を、穿いているところなど見たことが無い。

これといって趣味を主張しない蓮。
敢えて言うなら、まんま「仕事が趣味」の人。

そんな蓮の、唯一でてきたのが……コレ。

趣味は尊重したい…。

キョーコはコレを穿いた蓮を想像してみた。
が、妄想想像上の蓮は肝心の所にモザイクがかかり、まったく全体像が見えない。

「……………」

暫らく思惟した後、キョーコはソレを手に持ちその場をあとにした。





「敦賀さん」

帰って来た蓮にキョーコは「おかえりなさい」も忘れ詰め寄った。

「ただいま、キョーコ。どうした?」

にこやかな笑顔と共に手を広げ、詰め寄るキョーコを抱きとめようとして…動きがピキリと止まる。

「これ、敦賀さんのですよね」

蓮の目の前に差し出されたソレ。
それは最初に手にした黒の光沢が眩しいビキニタイプのものだ。

「………………」

ソレを凝視し、たっぷり数十秒固まった蓮。

「………違うんだ、キョーコ」

心なしか薄っすら汗を滲ませ、やっと出た蓮の言葉は震えているように弱々しかった。

「何が違うんですか?隠さなくてもいいですよ?」

こういう下着が好みだと知られるのは、蓮にとってそんなに恥ずかしい事なのだろうか。
そんなふうに考えたら、いつも余裕の蓮がなんだか可愛く見える。

「…あの…それは………」

絞り出すような声はやっとキョーコに届く程の小ささだ。

「言わなくてもわかってます」

キョーコは安心させるようにニコリと微笑んだ。

「私は全然気にしないですよ?」

「…………………本当?」

蓮は壊れ物を扱うかのように、キョーコを優しく抱き締めた。

「はい。むしろ何で隠すんですか…」

「なんか…それはそれで複雑だ……けど、良かった…。
こんな物のせいで未練があるとか勘違いされて、君に嫌われたらどうしようかと思った」

……ん?未練?

「別にとっておいたわけじゃないからね。忘れてたんだ。ソレの存在」

蓮がギュウッと腕に力を込める。

「彼女の趣味とは合わなくて、それからは一切使用してないから」

…………彼女?

「ああ、ごめん。それでも、もっと配慮しなければいけない事だよね。
別れた時に…破棄するべきだった……」


ワカレタトキ…?


「ということは……元カノとの、思い出の品なんですか?」

「…え………?」


互いの視線が交差し、凄い形相でピキリと固まる。






パンツよ?!下着!
しかも、あんな破廉恥な形の!

そんな言葉を吐き散らしながら、某タレント兼女優がLME内を闊歩していた同時期に、



危険度MAX…レベル5だ……。

元カノの名残り物は殺傷レベルの高い、核弾頭より危険物だという事を知った俳優が、いたとかいないとか。



もちろん、敦賀氏の下着がきれいにB.Pのみになったのは…言うまでもありません。






本当に申し訳ございません<(_ _)>
ほんの出来心でございます。



web拍手 by FC2

2014.06.30 Mon l 短編 l コメント (4) トラックバック (0) l top

コメント

ツボ!
大好きです!こういう話~
お馬鹿敦賀氏せいぜい反省すればいいのです!
暫くオアズケだろうし~

っちゅーか、どんな彼女なんでしょうね~?
2014.06.30 Mon l ちょび. URL l 編集
破廉恥ですぅぅ
キョーコちゃんと同じく、モザイクかかって、巧く想像できません〜
それ、許容したんですね?
どこまで、フェミニストなの蓮さん!
(彼女のお強請りを聞き入れるのがフェミニストではないけど。)
ああもう、妄想スイッチが入ってしまいますね〜
この後、キョーコちゃんにほんとに恥ずかしいパンツ買ってもらえばいいんだわ!!

2014.06.30 Mon l moka. URL l 編集
ちょび様
コメントありがとうございます♪

本当にお馬鹿さんですよねぇ。
お預けもかなり長いかと…w

本当は彼女の設定が一番先に思いついたお話です。
大人の女性で、男性の下着に若干執着があるというかこだわりがあるというか…下着デザイナーさんとか下着の店員さんみたいな。
で、蓮さんにプレゼントしつつ穿かせて、「グフフ…」って感じの。
…まあ、HENTAIさんです。(←考えた私の事はスルーでw)
っていうか、最初は写真の予定だったんですよ…その姿をした蓮さんと戯れる元カノ。
でも、これが出てきたらOUT…というか、もうシリアスまっしぐらにしかならず…やめました。

楽しいB.P.Dのお目汚し、失礼しました~<(_ _)>
2014.07.01 Tue l 風鳥. URL l 編集
moka様
コメントありがとうございます♪

一応勝手な私の中の設定は、元カノに強引に穿かされた、です(笑)
実際そんな破廉恥な下着を穿く蓮さん…どんなんでしょうね!
私もその姿がモザイク処理済みですヨ。

え♪妄想スイッチが…?嬉しいです!
是非ともお聞かせ下さい~♪
2014.07.01 Tue l 風鳥. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://kazetorinomawarimich.blog.fc2.com/tb.php/131-62e7c94b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。