上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

--.--.-- -- l スポンサー広告 l top


蓮さんというよりは完全に幼い久遠さんです。
どんな蓮さんでも平気っていう方のみ、どうぞ。










日本に来てから2週間。暦は7月となり、本日も窓の外は滴る雫で少し薄暗い。

視線を室内に戻すと目に映るのは、無機質だったこの家のキッチンを温かい音のする場所にしてしまった彼女。
彼女は食事に無頓着な俺にきちんとしたご飯を食べさせようと、1日1回、時に2回、作りに来つつ一緒に食事をする。

鼻歌を歌いながら、でも手際の良い彼女を見て思う。

お節介だけど…食事はいつも、何でも、美味しいんだよな~。
あと、笑顔は……可愛い。

俺の正体を知らないんだから、純粋に食事の心配をしているんだろう事はわかっている。
つまりは、裏に潜む企みも無い。

だからかな、こんなふうに内側まで他人に入られているというのに嫌悪できないのは。


できた食事が食卓に並び、本日も一緒に食べ始めた。


やっぱり美味しい。
そして、彼女はにこやかに食べたりするだけで、煩わしい事は言わない。
もっと食べろだとか、美味しいかとか、何が食べたいかとか。

勝手に来て、勝手に作って、ただ食べて、帰る。
そんなんを繰り返されると、次第に「まあ、いいか」となってしまうのもしょうがない。

ただ……面白くないとは思う。
これではまるで、餌付けされたようではないか。

そんな事を思っている時だった。

「あなたはいつも文句言わずに食べてくれるよね…。いつも無言だけど」

珍しく食事中に彼女が口を開いた。

「……なにそれ」

「フフフ…だって、ショーちゃんはいつも文句しか言わないから」

「は?誰?」

「ショーちゃんはね、私の王子様なの。
玉子焼きは甘くするな、今日は焼き魚の気分なのを察しろ。いつも文句ばっかり…。
でも、ちゃんと全部食べてくれるんだ……」

王子様…?
今どきそんなんいないだろ。

ああ、もしかして……

「なに?その王子様を餌付け中なの?」

俺みたいに。

チッ…他にもいるのかよ。

「餌付け?違いますー!ショーちゃんは私の未来の旦那様になる人よ」

そう言った彼女の頬は薄っすらと色付き、はにかんだ笑顔が今までで一番可愛く見えた。

「へー、そうなんだ」

ふーん、彼氏がいるんだ…。

「でね、明日はショーちゃんと久し振りに出掛けるから来れないからね?
でも、ちゃんときちんとした食事してね!」

身体の中の何かが下へと下がっていくような感覚に襲われた。
俺は満面の笑みでそれを隠す。

「そうだね…考えておくよ」

「女将さんがね?ああ、女将さんはショーちゃんのお母さんなんだけど、たまには二人でって映画のチケットくれてね?」

よほど嬉しいのか、聞いてもいない話を延々と喋っている。

「ごちそうさま」

俺はまだ嬉しそうに話をしている中、敢えてそれを遮ってそこを離れた。

もともとこの子に興味などない。
この子に男がいようが、その男と何をしようが、どうでもいい。

が、なんだか面白くない。

そして、そう思う自分にまた面白くない。
完全に餌付けさせられたように感じるから。

「じゃ…またね」

片付け終わり、いつもの様に帰る彼女をとびきりの笑顔で見送った。

玄関のドアが閉まると同時にソファにドテッと寝転ぶ。
室内は温度が管理されていて快適だが、一歩外に出れば雨の相乗効果でもうジメジメとして暑い。

面白くない。

何なんだろう、この日本のジメジメ。
昨日までは雨だろうと何だろうと感じなかった不快感が、今日はやけに不愉快だ。

なんだ、彼氏いるんだ。つまんないな。
別に彼女をどうこうしたかった訳でもないけど…。

彼女…いくつ位だろう。俺とそんなに変わらない感じなんだろうけど。
笑うと幼く感じるから年下でもおかしくはない。
…………まあ、彼氏を王子様呼ばわりして結婚を夢見てるあたり、年上じゃ…なさそうだ。

しょうもない嘘を本気で信じて、挙句に説教をした女の子。

日本に来たは良いが、クー・ヒズリとジュリエナ・ヒズリの息子では、せっかくのバケーションが騒がしくなる。
それを避ける為に、黒髪・黒コンで日本人っぽく変装した俺にすっかり騙されている。

敢えて母さんに電話し、愛人だと信じ込ませた俺が言うのもなんだけど……
あの夫婦を知っていて愛人だと信じるなんて…純粋というより、単純としか言い様がない。

「…ふっ」

笑ったり怒ったり、くるくる変わる表情を思い出して、つい鼻で笑ってしまった。
今日見た、頬を赤く染めはにかみながら笑う彼女が頭を掠める。

王子様の前では、いつもあんなふうに可愛く笑っているんだろうか。

………まあ、どうでもいいか。


俺は水滴の付いた窓を見ながら一つ息を吐いた。




web拍手 by FC2

2014.12.16 Tue l 年下 l コメント (2) トラックバック (0) l top

コメント

楽しみです☆
お久しぶりです☆
すねすねレン君が見れるのでしょうか?
楽しみにお待ちしてまーす
2014.12.16 Tue l kei. URL l 編集
kei様
お久し振りです。コメントありがとうございます♪

餌付けされた蓮(久遠)さんは、ただいま無意識でジェラシー中ですねw
今回は年下という事で、カワイイ蓮さんを意識したのに…ただの幼い久遠さんになっちゃいました(笑)

ゆっくり進行ですが、楽しんで頂けたらな~と思っています♪
2014.12.17 Wed l 風鳥. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://kazetorinomawarimich.blog.fc2.com/tb.php/151-22efa330
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。