上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

--.--.-- -- l スポンサー広告 l top


前回からやっているアンケ投票。
たくさんの方に参加して頂き、ありがとうございます。
結果は前アンケート同様、本館『風鳥のさんぽ道』で公表予定ですよ。

一応1月7日まで投票開催しているので、まだの方は是非どうぞ♪









運良く目の前でタクシーを掴まえ、彼女を押し込んだ。
そして、近くの映画館にと行き先を告げる。
逆らうこともせず、というより逆らう気力もなさそうな彼女。
車に揺られ、一息ついた俺は握ったままの彼女の手を見た。

小さな手。女の子の手だ。

彼女の手は、爪も短く、肌も少し荒れている。
働く者の手をしていた。

今までこの手で握ってきた女の子の手は、爪も凶器のように伸びていて綺麗にネイルが施されていた。
肌も手入れが行き届き、スベスベと滑らかで。

……なのに、どうしてだろうか。
今握るこの手の方が、何倍も可愛く、そして温かく感じるのは。


視線を上げ彼女を見れば、俺を見る彼女の視線とぶつかった。

「慰めなんて要らないのに…」

口を尖らせながら呟く姿は何度見ても可愛い。

「うん、分かってるよ。
俺の見たかった映画に付き合って…くれるだろ?」

「………しょうがないな~。今日だけだよ」

そう言って彼女はハニカミながら微笑んだ。


ああ…やっと笑ってくれた。
せっかくいつもと雰囲気の違う可愛い服を着ているんだから、泣かないで欲しい…。

心の中でそう思ってしまったのは、彼氏との事を聞いちゃって同情したからだ。きっと。



**********


「面白かったね!」

興奮気味の彼女と映画館を出た後、俺達は食事を摂るべく近くのレストランへと入った。
そこでハンバーグを頼んだ彼女は、それを頬張りながらも先程見た映画の話題で盛り上がっている。

「ヒロインもカッコイイけど、やっぱりクーさんすごくカッコイ…ィ……」

急に神妙な顔になり、声が尻窄みで消えた。

「どうした?」

「ごめん…無神経だった。
クーさんはあなたにとったらライバル…違うかな…うーん……」

「…………………ああ!」

そうだった。俺は母さんの愛人という設定だったんだ。

「別に気にしないで?本当にあの人の演技とか、凄かったしね」

笑顔で言った俺とは対照的に、曇った彼女の表情は硬くなるばかりで。

「………あなたは偉いね」

「え?」

「恋敵を褒めるとかさ」

…そりゃあ、まあ。恋敵じゃなくて、父さんだからね。

「私にはできない……」

口を引き結びながら横を向く。

ああ、またこの表情。


「…………俺がいるよ」

自分の言葉に少しだけ自分も驚いた。
それくらい自然に出た言葉だった。

「俺がいる」

同じ言葉をなぞりながら、今度は心からの言葉を口にする。
彼女の視線がゆっくりと俺を捕らえた。

レストランの騒然とした店内から、BGMさえ無くなった気がした。
俺は彼女の瞳に魅入られ、柔らかい彼女の頬に手をあて微笑んだ。

今、周りに誰もいなければ―――…

そう思った時、彼女の顔が剣呑で物騒なものへと変化した。

「………あなたって、最低ね」

「は?」

「とんだプレイボーイ。
ジュリエナさんがいるのに、そうやってホイホイいろんな女の子を口説いてるの?」

腕を組み、なおも続く。

「まさかと思うけど、ジュリエナさんの他にもいるんじゃないでしょうね!」

「え…?」

渾々と続く説教に、俺は呆然とした。
そして、彼女は聞きたくもない名前を再度出した。

「あなたなら大抵の女の子が引っ掛かるのかもしれないけど、残念でした。
私はショーちゃん一筋だから無駄です」

………………なんだそれ。
別に俺は誰でもかれでも口説いたりなどしないし、常々女の子には優しくするよう言われて育った。

一応、母国ではフェミニストで通ってるんだ。

「だから、『俺がいる』なんて同情はいらないよ」

だいたい、彼氏がいるようなこの子を口説いたりな…んか……

心の中で憤然と考えていた言葉と彼女の声が被る。

「だって私、来年ショーちゃんと結婚するんだもん」

は…?結婚?

「…君の予想や妄想、じゃなくて?」

「失礼な!ちゃんと女将さん達も喜んでくれてるし、もちろんショーちゃんも承知の上です」

「だって…まだ結婚とか、早いんじゃないの?年齢的に」

「年齢?そう?今23歳だから、来年は24歳…「え?!」

「……なに?」

「今、23って言った?」

「言ったよ?23歳」

「嘘だろ…?」

そんな言葉が俺の口からボソッと零れた。





皆様、良いお年をお迎えください。



web拍手 by FC2

2014.12.31 Wed l 年下 l コメント (2) トラックバック (0) l top

コメント

23歳のキョコさん
まだショーちゃんに騙されたままみたいですね。
そこんとこは不憫ですが、きっと年下の彼がなんとかしてくれることでしょう。(* ̄m ̄*)

2014年もあとほんの少しとなりましたね。

本年もお世話になりました。
来年もどうぞよろしくお願いいたします。

よいお年を!
2014.12.31 Wed l 魔人sei. URL l 編集
魔人sei 様
コメントありがとうございます♪
そして、あけましておめでとうございます<(_ _)>

旧年は沢山のコメント等、本当にありがとうございました!

今年ものんびり更新ですが、よろしくお願い致します♪
2015.01.01 Thu l 風鳥. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://kazetorinomawarimich.blog.fc2.com/tb.php/153-421a0269
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。