上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

--.--.-- -- l スポンサー広告 l top

このお話は、蓮ではなく久遠×キョーコのパラレルです。
しかも設定が、ショータローに捨てられた後芸能界には入らず、事務の仕事に就き大人になったキョーコと、大きな壁(偉大な父親と同じ職業)にぶつかる事なくただの会社員として大人になった久遠の物語です。
そんな訳で、キョーコも久遠も完全にイメージ通りではありません!
キョーコと久遠の名を借りた別人の様になってしまいました。

そんなお話でも大丈夫!と胸を張って言える方のみ、この先をどうぞ……。








【俺と彼女 3】




俺の名前は久遠・ヒズリ。

両親はハリウッド俳優とスーパーモデル兼女優。
両親がアメリカにいる中、普通の生活をしたかった俺は一人、父の母国・日本での生活を楽しんでいた。

適当に就いた仕事だが上司や同僚に恵まれ、成績も良い。
この容姿のお陰で女性に苦労した事もない。


そんな日々の中の出来事だった。


新人歓迎会の一次会が終わり、隣りにはびこる女の子達の香水に何だか胸焼けの様な不快感を催し、失礼の無い様にしながらこれで帰ろうとした時だった。

廊下に出ると、事務の最上さんが前をフラフラと歩いていた。

彼女とは一言二言話した事がある程度だが、仕事は至極真面目で、俺と他の社員と分け隔てなく接する態度に好感を持っていた。

フラフラ危なっかしい足取りに一つ息を吐いて、彼女の身体を支えながら声を掛けた。

「最上さん、大丈夫?」

顔を見ればもうあきらかに出来上がっている。
きっと上司にだいぶ飲まされたのだろう。
返事の無い彼女はバッグを持っている事から、自分の限界を感じ帰るところのようだ。

「ほら、掴まって」

半ば引き摺るように会場を後にして、タクシーに彼女を乗せる。

「最上さん、自分の家、教えないと送って貰えないよ?」

だがタクシーに乗せた彼女は目を閉じ、笑顔で支離滅裂な事を言うだけだ。
運転手も困っている。

大きく溜め息をつき、俺もタクシーに乗り込む。
何度もしつこく聞いて、なんとなく言った住所に向かって貰う。

こんな酩酊状態の女性を運転手に任せるのも可哀想だし、危ない。

ここだ ここだ と聞こえなくも無い言葉のいう通りにタクシーから降り、彼女を引き摺りながら部屋の前まで移動し、何とか鍵を開けて貰い、彼女を玄関の中に降ろした。

「帰るから、ちゃんと鍵!掛けてね」

完全な酔っ払いの彼女を見ると、顔は赤らみ、潤んだ瞳に、着衣は乱れ、捲れたスカートから白い脚が見える。
ニコニコと見上げる彼女に、俺の喉がゴクリと鳴った。


その後は………そう、ご想像通りの展開です。

送り狼なんて初めてした。
誘われた訳でもなく、酩酊状態の女の子を襲ったのも初めてだ。

まあ特に今、彼女がいる訳でもないし、彼女も本気で嫌がってなかったし……いっか。



俺は特定の彼女はつくらない。

二十代前半まではちゃんと付き合ったりしていたけど……何故か、すぐフラれた。
大切にしていると思うが、付き合ってももってせいぜい数ヶ月。長くて半年といったところか。
いくら俺でもフラれれば落ち込む。

そのうち気が付いた。
付き合わなければ良いのだと。

付き合ってなければフラれない。

気に入った子が声掛けて来たら、会いたい時に会って、ヤリたい時にヤって。
事前に相手にそう納得して貰えば楽しく過ごせるのだと。



翌朝目が覚めると、目の前の彼女はクスクスと笑っていた。
良かった、処女だった彼女に同意なく事に及んでしまったが、怒ったりしてないようだ。

そして更に安心したのが、彼女のその後の対応。
関係を持つ時、俺はいつも事前に「彼女はいらない」と言うが、最上さんには言ってない。
だけど彼女は「付き合いたい」とか「責任」とか「私達はどんな関係なのか」といった、煩わしい事など一切言わなかった。

その後何回関係を持ってもいつもドライで、彼女と過ごす時間が快適だと思うようになっていった。

最上さんが作るご飯はいつも美味しいし、一緒にいても好きな事が出来る。
言葉や態度といったものも、プレゼントの様な物も、俺の時間も、何も、欲しいと言われなかった。


彼女との関係は、まさに俺の理想だと思った。

そうなると、なかなか他の女性と関係したいと思えなくなる。
いつの間にか、俺は最上さんの部屋に定期的に通っていた。




**********



はい………皆様の非難が聞こえます。ヒドイ久遠さんになってます。
でも!なに不自由無い生活と偉大な父のあのくだりが無く育てば、そしてキョーコさんに会うのがこのくらい遅れたら…こんな久遠さんが出来上がるかなーなんて……思ったんですよ。
ああ……次回の久遠さん、UPしたくない……ゔゔ(泣)

web拍手 by FC2

2013.04.20 Sat l 俺と私 l コメント (6) トラックバック (0) l top

コメント

やっぱり非道な人間?
って、思っちゃいます。
でも、こんな関係をいつまでも望んでいたらキョコちゃんにも愛想をつかされちゃいますもん。
そうしてもがけば良いんだよね。
2013.04.20 Sat l 美音. URL l 編集
大丈夫!
ばっちこーい!継続中。
ドライな久遠に深い関係を求めないキョコさん。
大切な人を作らないとこは共通だけど、常識が年齢分、経験分変容しててもおかしくないですよね~。
久遠のその後が気になります!
2013.04.20 Sat l 霜月さうら. URL l 編集
あっさり・・・♡
お世話になっております
あっさりとしたキョコたんの性格 砂上の楼閣のような関係  
淡々としながらも どこか引き込まれる感じがいいです
2013.04.20 Sat l kero. URL l 編集
美音 様
今回の久遠さんも相当なものですよね(^_^;)
私も書いてて、こんな久遠さん嫌だ!って思います。
きっとこれから挽回…してくれる……はず?(汗)
2013.04.20 Sat l 風鳥. URL l 編集
霜月さうら 様
ばっちこーい!って言って頂けると大変安心します。
私自身、こんな久遠さんイヤ!って思います(T_T)
次回の久遠さんぶっ飛びようにもご注意を!
2013.04.20 Sat l 風鳥. URL l 編集
kero 様
コメントありがとうございます♪とっても嬉しいです(*^_^*)

今回完全なマイワールドなお二人でお送りしております。
お二人がヒドイので(泣)淡々を心掛けて進めてるんです…。
どうか、今後の久遠さんに引かないで下さいね?!
2013.04.20 Sat l 風鳥. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://kazetorinomawarimich.blog.fc2.com/tb.php/38-713b8c7a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。