上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
今回もパラレルです。
まだ話を詰めてないので、この先どうなるか……。










いつも、感じていた。

本当はわかっていた。

彼にはもしかしたら……。




【シンデレラ】



今日は部屋に帰ってくれるだろうか……。

帰って来てくれるかもわからない彼の為に料理にいそしむ私、最上キョーコ23歳。

最後に帰って来たのはいつだっただろうか…。

そう考えながら、今日の夕飯の仕上げに取り掛かる。


そして、その日珍しく帰って来たショータローに………


捨てられた。



ショータローとは幼馴染みで、数えるのも面倒なくらいの長い付き合いだった。
もちろん、結婚とかを真剣に考えていた訳でもないが、この先もずっと一緒にいるものだと思っていた。
たとえ…他の女の子に寄り道しても、最後は私のところに帰って来る…そう確信していた。

私は……本当にバカだったんだ……。




「なーにが、色気がないよ!
家政婦?知ってたわよ!あんたが私の事そう思ってたことくらい!」

私は珍しくお酒を飲んでいた。
居酒屋に1人で赴き、適量をはるかに超える量を摂取し、気分が高揚しきったところで店を後にした。

夜道に管を巻きながらフラフラと歩く姿は、よく見る定番の『中年サラリーマンの酔っ払い』そのもので。
次第に胸から込み上げる不快感に顔をしかめ俯く。


「一緒に来てくれないか?」と誘われて、京都からこの知らない土地に出て来た。
生活を維持する為に身を粉にして働いて来た時間と労力を返して欲しい!!

そう熱い気持ちが込み上げてきたのと同時に、胃から込み上げてきた熱い物が勢いよく口から出てきた。

そして、運悪く前から歩いて来た人に、その熱い思いが向かった(掛かった)。


その運の悪い人、敦賀蓮さん27歳との出会いは……
きっと彼にとっても最悪だったんだろうと思う。


いきなり前から来た女に◯◯を掛けられたのに、文句も言わずに「大丈夫?」と言いながら背中をさすってくれた彼。
お礼と謝罪をする為に連絡先を聞き、部屋まで送ってもらった。

翌日、通りがかりの知らない人に何て事を!!と驚愕したのは言うまでもない。

後日、お礼と謝罪の為にと菓子折り持って会ったカフェ。
そこから何故かいろいろな話が盛り上がり、その後も頻繁に連絡を取り合うようになった。

そして3ヶ月後、彼と付き合うことになった。



彼は私に命令したり、強要したりしなかった。
私の希望を聞いてくれたり、
私の意志を優先してくれたり。

彼はたくさんの『初めて』もくれた。

手を繋いで歩いたり、
優しく抱き締めてくれたり、
甘いキスをくれたり、
……身体の濃密な快感も…

幸せな感覚、満ち足りた気持ちも、全て彼に教えてもらった。


まだショータローに捨てられて数ヶ月だというのに、私は既に敦賀さんに夢中だった。


私は性懲りも無く、彼とずっと一緒にいたいと……思っていたんだ。



web拍手 by FC2

2013.05.08 Wed l シンデレラ l コメント (2) トラックバック (0) l top

コメント

蓮さん相手にも
もしかしたら・・・・がついちゃうのですね。

キョコさんがガッチリ本当の幸せを掴める日はいつになるのでしょうか。(T△T;)
2013.05.08 Wed l 魔人. URL l 編集
魔人 様
コメントありがとうございます♪
今回もナンバリングですが、長くはならないのできっとサクッと……幸せになるといいな(^_^;)
2013.05.08 Wed l 風鳥. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://kazetorinomawarimich.blog.fc2.com/tb.php/46-dd0b4d80
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。