上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
「…結婚…しようか」

突然の言葉に、私は理解ができなかった。
こちらを向いた美貌の眼差しは真剣で、ますます意味がわからない。


結婚?

何を言っているのだろう?

敦賀さん…自分が結婚してること、忘れてるんじゃ……。

「あの…敦賀さん?気持ちはとても嬉しいですが…」

そう言ったところで彼の良い匂いに包まれた。
その抱擁はきつく、私の骨が軋む程のもので。

「あ…敦賀さん…!痛っ…!」

「結婚しよう…キョーコ。
ずっと一緒にいたい。君は誰にも渡さない……!」

耳元で聞こえるその声は、心なしか震えているように聞こえる。


だけど…結婚は流石にできないでしょ?
日本では重婚も、一夫多妻も認められていないんですよ?

どう考えても…物理的に無理ではないですか?


「いや…あの…結婚は、無理じゃないですか?」

「なんで?」

「だって…奥さんは…?」

「え?ああ…きっと喜んでくれるよ。
『お前も一人前だ』なんて言うんじゃないかな?」

一人前…?
出前じゃないんだから…。

そっか…喜んで……は?

「喜んでくれるわけないでしょう!」

人がマジメに話しているのに、彼のありえない言葉に怒りが湧き起る。

夫に他に女がいる事だってショックなはずなのに、結婚なんて…!
喜ぶわけないじゃないですか!

「だいたい!日本では重婚も認められてはいないし、一夫多妻制でもないんですよ!
結婚なんてできるわけないじゃないですか!」

抱き締められていた腕の力が弱まり、私は彼を見上げながらまくしたてる。

「奥さんがいるんだから、私達はもう終わりです!
奥さんが帰って来たら大変ですから、私はもうかえr「キョーコ」

黙って聞いていた敦賀さんが、私の言葉を遮った。

「俺…結婚した事…ないよ?」


………………え?


「俺は独身で、これからキョーコが俺の奥さんになるんだよ?」

「は…?何を…言ってるんですか」

キョトンとしている私を横目に、彼は突然笑いだした。

「君が知ってるって言ったから、本当に知ってるものだと思ってた。
キョーコ、勘違いだよ。
俺の知ってる『おくさん』は気象予報士の『王来王家(おくおか)さん』。
通称『おくさん』」

ああ!夕方の天気予報のひと!おくさんですね!

「言ってなかったけど…俺、普段は民間気象会社で働いてるんだ」

「民間…気象会社…?」

私は今まで知らなかった仕事の話に、ただただ聞き入った。

おくさんは大学の先輩で、昔からお世話になっている人なんだとか。
そのおくさんが、朝早い時間の天気予報の天気キャスターを探してて、気象予報士の資格もある敦賀さんに声掛けて来たとか。
外見的にも、仕事に真面目なところも買われて、しつこく誘う先輩に「本当に朝早い時間だけ」って条件でテレビに出る事になったこととか。
午前4時には予報の仕事が始まるから、いつも私の部屋に来た日はそのままテレビ局に行っていたこととか。
テレビに出るようになったらたまに一般人に声を掛けられるようになったから、外を歩く時は帽子に眼鏡は必須になったとか。
テレビの事はなんだか気恥ずかしくて、私にあえて言わなかったとか。
テレビの予報の仕事が終わると、会社に戻って普段の仕事をしているとか。

今までの言動が明らかにされ、私はへなへなと座りこんだ。

「そうだったんですか……」

とんだ勘違いだ。

私はずっと彼は結婚していて、あの綺麗な奥さんと暮らしているものだと…あっ!

「先日の森林公園に一緒にいた女性は?」

「え?キョーコもあの日、森林公園にいたの?
あの日は森林公園の花が見頃で、次の日の予報をそこでする事になって。
下見と打ち合わせに行ったんだよ。
女性の顔、見なかった?」

フルフルと横に首を振る。

「一緒にいた女性はキャスターの○○さんだよ」

「え!あの!」


本当に、全て仕事だったんだ。
だから大荒れの日の前日、ドタキャンだったんだ。

奥さんは…最初から、いないんだ……。


座りこんだ私をまた、今度は優しく彼が抱擁する。

「ごめん、知ってるって言ってたから本当に知ってるものだと思って俺、ちゃんと説明しなかった」

そう言い優しく口づけをする。
その甘さに涙が出そうだ。


「改めて…言うよ?

俺と結婚して?

さっきの男の所になんか行かせない」


そういえば…村雨さんをレストランにおいて勝手に出てしまった。
後で謝らなくちゃ。
ついでに告白の返事もしなくては。


「返事、聞かせてくれる?」

真剣な眼差しに、愛おしさが積もる。


奥さんがいない、私だけのシンデレラ。

私はとびきりの笑顔と共に彼への愛情を言葉にした。






**********





『シンデレラ』のお話は完結です。
なんだか最後詰め込み過ぎましたか。
まあ、取り敢えず一区切りできて良かったです(*^_^*)




web拍手 by FC2

2013.05.28 Tue l シンデレラ l コメント (7) トラックバック (0) l top

コメント

蓮さんのお仕事に先輩のお名前w
勘違いしても仕方が無い内容ですけど、これもそれも、双方がお互いの話しをあまりしなかったせいですねw

これからは、互いにいろんな枷が外れて、ラブラブ全開ライフを送りそうですね!

完結、お疲れ様でした。
2013.05.28 Tue l 魔人. URL l 編集
これまた
とんだ勘違いでしたね。
読んでいてあれ?と思って読み返してみたら、「奥さんがいる」じゃなくて「奥さんと付き合う」って言ってるんですね。
なるほど。

私も昔の職場に「奥」という名字の人がいました。
んでもって理事長の奥様(妻)もちょくちょく顔を出すものだから、「奥」さんと奥様2人そろって紛らわしかったですねぇ。
2013.05.28 Tue l はるりん. URL l 編集
魔人様
コメントありがとうございます♪
まったく…会話が足りない結果ですよね。
実は敦賀さんの職業は最後まで悩みました…(^_^;)
夜の職業とか、パン屋さんのような早朝の職業とか。

とりあえず、この後はきっと口の中がジャリジャリゆうような2人になる事は必至です♪
2013.05.28 Tue l 風鳥. URL l 編集
はるりん 様
コメントありがとうございます♪
実は私の知り合いにも『奥』さんがいて、その名前でこの話を思い付きました(*^_^*)
そのままの名前だとあからさま過ぎかと思い、違う名前を採用しましたが…。

最後まで読んで頂き、本当にありがとうございました♪
2013.05.28 Tue l 風鳥. URL l 編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013.05.28 Tue l . l 編集
No title
なーるほど!種明かしの後、もう一度最初から読み直してみました。「彼氏できました」発言聞いて蓮さん焦りまくりだったでしょうねぇ。冷静に場所聞いててもきっと携帯折れるほど握りしめてたり、相手の男、オノレどこの馬の骨だーっ今すぐ退治してやるッ!って走ってきたんでしょうね。
2016.11.08 Tue l ぱよ. URL l 編集
ぱよ様
コメントありがとうございます♪

彼氏できた発言された時の蓮さんの様子は…
K「私…彼氏ができました」
R (はあ!?彼氏ができた…だと?!
ちょっと待て。じゃあ、俺は?俺は彼氏じゃなかったの?)

っていう感じでしょうね(笑)
それはもう、血相を変えて馳せ参じたわけです。その場にw

沢山のコメント、本当にありがとうございます。
文章を書くことからだいぶ離れてましたが、少しリハビリがてら書きたいと思ってます!
早めにUPできるといいなあ(*^_^*)
2017.01.26 Thu l 風鳥. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://kazetorinomawarimich.blog.fc2.com/tb.php/52-bcdfbb50
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。