上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
ストカ蓮さんの再来です。
そんなこと蓮さんはしないよ!と思う方はこのままUターンですよ!







最上さんが部屋に来てくれるようになって1ヶ月。

俺の心境は嬉しさ半分、忍耐半分……といったところか。

口説こうとしても、するりとかわされてしまう。
なかなか手強い強敵に、俺はいつになく悪戦苦闘していた。


今日は仕事がいつもより随分早く終わったから、彼女を迎えに行って一緒に食材とか買い物でも…と思っていた。
その姿を発見したのは、彼女に連絡すべくケータイを取り出したちょうどその時だった。

彼女だ。

部屋に来るいつもの時間にはまだ早い。
俺はケータイをしまい、声を掛けようと彼女の方へ向かった。

俺に気付く事なく颯爽と歩く彼女。
それを見て、俺の足が止まった。

彼女の表情に……俺はハッとした。


いつものような無表情でも、時折見せる可愛らしい笑顔でもなく、心から嬉しそうな表情。

それは、俺に向けられた事のない顔で。
言いようもない気持ちが胸を締め付ける。


俺は声を掛けずに彼女の後を追った。




本当はすぐに気が付いていた。


彼女は服が欲しいと言っていたが…
本当は服が欲しい訳ではないんだという事を。

彼女の装いは可愛らしいがいつも簡素で、とても今までのお金を注ぎ込んでいるようには見えない。

なぜ……毎日俺の部屋に通うほど、お金が必要なのか…。


俺はこのところその事を考えていた。
考えたところで答えなど出るわけもない。
なんとなくだが…彼女に本当の理由を聞いたら、部屋に来てくれなくなりそうで…
あえて触れずにいた。

後をつけるのは気が咎めるが、どうしても知りたかった。

彼女の全てを。



暫らくして着いた場所は、大きな白い建物。


そこは大きな総合病院だった。


その中に迷う事なく入って行く最上さん。

俺も見失わない程度の距離を保ってついて行く。

そして1つのドアの前に足を停め、ノックをしてその中へと消える。

……病室…?

ドアに近付いたその時、突然ドアが開いた。

「ちょっと待ってて?今、売店で買って来……
なっ!なんで敦賀さんがここに?」

勢いよく開いたドアの前で固まる2人。
流石にこの状態では何を言っても無駄というものだ。

「……………」

俺は何も言えず立ち尽くす。

「なに?そいつ誰だよ」

彼女の後ろから聞こえた声の方を見ると、白い室内に似合わず活発そうな少年がベッドから足を垂らして座っていた。

「なっなんでもない!バイトの知り合い!
売店、行って来るね」

そそくさとその場から離れるべく彼女は俺の腕を掴んで歩き出した。

「……彼は…?」

ずんずんと歩く彼女に声を掛ける。

「……弟です」

こちらを見ることなく、尚も歩く彼女。

着いたのは中庭のような一画。
木々が並ぶそこで彼女はクルリとこちらを向いた。

「なんでこんな所にいるんですか!」

「お金が必要なのは、彼の為?」

俺は彼女の質問に答える事なく、質問を返す。

「……そう…です!
飛鷹くんには…弟にはその事、秘密にして下さい!」

真剣な眼差しで詰め寄る彼女を、俺はゆっくり抱き締めた。




web拍手 by FC2

2013.06.18 Tue l 契約 l コメント (4) トラックバック (0) l top

コメント

No title
はうっ 油断してました^^;
私も、てっきり、バカ尚に貢いでいるのかと..
まさか、”アイツ”が、彼だったとは!
続きを楽しみにお待ちしてます^^
2013.06.18 Tue l ねこ. URL l 編集
ねこ 様
コメントありがとうございます♪
はい!アイツは飛鷹くんです。
実は前回の『アイツ』のくだりはショータローを意識して書いたんじゃないんですが…
通して読んだらなぜかショータローを指してるようになっちゃってました。
なかなか難しいですね〜(汗)
2013.06.18 Tue l 風鳥. URL l 編集
わ!
魔人も油断(?)してました。
思い込みはいかんですねw
弟くんの入院に必要なお金。キョコさんの年齢で稼ぐのは難しそうですね。(;´Д`)ノ!

蓮さんは、事情がわかって大喜びですね!
2013.06.18 Tue l 魔人. URL l 編集
魔人 様
コメントありがとうございます♪
はい♪自分のストカ行為を棚にあげ、大喜びしてること間違いなしですね(笑)
後はラストに向かって走るのみです(*^_^*)
2013.06.19 Wed l 風鳥. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://kazetorinomawarimich.blog.fc2.com/tb.php/56-b4a3ce25
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。