上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

--.--.-- -- l スポンサー広告 l top


「なにするんですか…離して下さい」

抵抗しようともがくが、全くびくともしない。
彼のいい香りに包まれて、次第に抵抗を忘れそのまま彼に身体を預けた。

無言の敦賀さん。
腕の力は弱まることなく、心地良い感覚と温かさを感じる。
その温かさが優しさに感じ、何も言わず抱いてくれている敦賀さんが私の全てを包んでくれているようで、涙が溢れた。

私は久々に声をあげて泣いた。


母が事故で亡くなった時も
飛鷹くんが入院になった時も
どんな時も
涙は出ても、私はやってきた。


ひとしきり泣いて落ち着いてきた私を、ベンチに座らせ手を握ってくれた。
その手がとても温かくて…心まで温かくなる。

握り合った手を見ながら、私は今までの事をポツリポツリと話し出した。


「飛鷹くんはたった1人の家族なんです。
もともと父親はいないく、母も仕事でいつもいない生活で。
2年前に……母が事故で亡くなりました。まだ飛鷹くんは10歳だったのに…。
私は高校にはいかず、働き出しました。
ささやかな暮らしでも、平和で慌ただしい毎日で。
5歳下の弟がいてくれて、何度母に感謝したか……。
1ヵ月前…調子が悪かった飛鷹くんに病気が見つかって、このままだと移植が必要かもしれないと医師に言われたんです。
子供の移植は日本では施行例が少ないし、もし海外となると……。
とにかく、お金が必要だと思いました。
飛鷹くんには満足な治療を受けさせたい。
そのためなら、どんな事もしようと決めたんです」


静かに最後まで聞いていてくれた彼が、また優しく私を包み込む。

「そんな大きな事を、たった1人で抱え込んでいたのか…」

私に絡まる腕の力が次第に強くなる。

「もし…海外で移植となるなら、俺の両親に相談しよう。
きっと役に立てると思うよ」

ゆるんだ腕から身体を離す。

「そんな…そこまでして貰う訳にいきません。
そこまでして貰う理由もありません」

「理由なら、あるよ」

微笑む彼。

「俺は君が好きだ。もちろん女性として。
君の力になりたい。
君が頼る相手は俺であって欲しいと思ってるんだ」

「………そんなの…嘘です……。
敦賀さんみたいな人が、私なんかを……」

「嘘なんかじゃないよ。
俺は君と契約したあの日よりもずっと前から、君を好きなんだ。
君が弁当屋で働いている時からね。
あの日たまたま見かけた君が、他の男とホテルに入ろうとするのがどうしても嫌で…
だから止めたんだよ」

「だって…敦賀さん、お金で買った私を求めたこと1度もないじゃないですか」

「身体のことを言ってるのなら、いつだって求めていたよ。
でも、身体だけじゃダメだ。俺は君の心ごと欲しいんだから。
協力…させて?」

突然の告白に、私は驚いた。
彼の真剣な眼差し。それはとても嘘には見えない。
でも…本気なのだとしたら、なおさら彼の好意を利用するわけにはいかない。

「気持ちは嬉しいですが…「君は」

私の言葉を彼が遮る。

「弟の為にどんな事もすると、決めたんじゃなかったのか?」

「…………。
確かに、弟の為なら何だってしますよ。でも、敦賀さんの好意を利用するわけには…」

「卑怯なのは俺の方だ。
君の気持ちが手に入るなら何だって…君の弟のことだって、利用するよ。

ねえ最上さん、俺と契約をしよう。

俺は君の事情を利用する。君はそんな俺を利用する。

最上さんは、お金の事を何も心配しなくていい。誰もいない部屋を引き払って俺の部屋に来てれれば。
俺は君の近くで、いつも美味しい食事が食べられる。

どう?」


彼の申し出は、いつでもおいしい。
本当は彼の気持ちが震えるほど嬉しかった。
彼はどんな時でも優しく、どんな時でも素敵な人だ。

ただ……今の私は恋愛なんてしてる余裕はない。

まずは、飛鷹くんが元気になることが最優先。
その為なら、何だってすると決めたのだ。


「……よろしく、お願いします」

そう言った途端、彼の神々しい笑顔と共に彼の唇が私の額に降ってきた。

「こちらこそよろしく。
これからは手加減せずにいくからね」

私は額を手で押さえ、真っ赤になりながらうろたえる。

「手加減…して下さい!
じゃないと私…死んじゃいます!」

「男とホテルに入ろうとした娘がなにをいまさら…。
いつか、俺もホテルへ誘ってもらえるように…頑張らないとね」

ニコリと笑う敦賀さん。
そんな彼からの愛情ダダ漏れ攻撃が、同居を始めた自分に降り注ぐのはまた少しあとのお話で。
それから先、飛鷹くんが元気になって、契約終了しても彼の気持ちがまだ私に向いてくれていた時は……

契約とは関係なく、彼と共に…いたいと思っていることは

彼にはまだ内緒です。








 **********




なんとも中途半端に終わらせてしまいました『契約』です。
もともとちょっと前の没ネタで、去る理由でやむなくUPした作品ですので……どうかご容赦ください(>_<)
本当はこの後の展開としてキョーコさん自覚編と完全ハッピーエンドも入れたい気もしたのですが…
そうするととてつもなく長ーくなってしまうので…。
どなたか…短編SSの書き方を教えて下さい……(T_T)









web拍手 by FC2

2013.06.21 Fri l 契約 l コメント (4) トラックバック (0) l top

コメント

キョコさんが働きだした年齢が
もう少し上だったら、今回間違いなく、もっと危険な水商売に走ってましたよねー。いや、今回のもめちゃくちゃ危険ですけど。

蓮さん、本当に危機一髪で助けたことになるのですね。

キョコさんは庇護者兼伴侶を見つけられてヨカッタです!

どこまでもだだ漏れ&焼きもちやきな蓮さんの重すぎる愛情に埋もれちゃって、脱出不可能になり、もう受け入れる以外選択肢がなくなるキョコさんのおまけとかあるといいですねw ←
2013.06.21 Fri l 魔人. URL l 編集
魔人 様
コメントありがとうございます♪
本当、もう少しお歳が上だったら…違いますよね。
そして、蓮さんと契約しちゃったら最後、絡め取られ誘導され、間違いなく逃げられないでしょうね…キョコさん。
……おまけ…。
ですよね…私も中途半端感は否めません(苦)
ノってる時にでも『おまけ』着手、できるといいな〜なんて思ってます♪
2013.06.21 Fri l 風鳥. URL l 編集
良かったぁ~!馬鹿ショーに貢がされてんのかと思いました。ハピエンで良かったです。
2013.06.27 Thu l へなへなっちです。. URL l 編集
へなへなっち様
コメントありがとうございます♪

私もショータローになんて貢がせたくないー!
中途半端なラストになりましたが…そう言って頂けて嬉しいです♪
2013.06.27 Thu l 風鳥. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://kazetorinomawarimich.blog.fc2.com/tb.php/57-2a2214fa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。