上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

--.--.-- -- l スポンサー広告 l top



刹那の緊張。
それは私のものというより、敦賀さんのものだったのかもしれない。


「…あー、Missアーウィンは彼を誰かと勘違いしてるのかな?」

その空気を撃ち破ってくれたのは、今まで固まっていた近衛監督だった。
ただならぬ気配の2人にこともなく近付き、更に声を掛ける。

「こちらはBJ役のカイン・ヒールさん、その妹さんのセツカ・ヒールさんです。
カインさん、こちらは知ってると思うけどヘレン・アーウィンさん」

和やかに紹介をしてくれる監督。
今までの空気が変わる。

『……どうも、ヘレン・アーウィンです』

彼女はニコッとし、兄さんに握手を求める。
差し出された右手に応えるべく兄さんも手を差し出した。

『昔みたいに「ヘレン」って呼んで?』

結ばれた手と共に兄さんに近付いた彼女の声が、かすかに私にも届く。
離れた彼女は同じように私とも挨拶をし、全員席に着いた。
その後は、たわいない話と映画やの感想、兄さんの賞賛を楽しそうに主に監督と彼女が話していた。

隣りに座る兄さんは、声を発することもなく。
ただ出された琥珀色のグラスを仰ぐ。
私はと言えば、ハリウッドスターとご一緒してるというのに話がまるで頭に入ってこない。
頭の中を占めるのは…彼女の言葉。

「コーン」と聞こえた。

浮かぶのは、遠い昔のあの妖精。
その妖精の事を考えては現実に戻る。
……カイン・ヒールを演じているのは敦賀さんだ。
敦賀さんの恋人は…わたし。
……だから、間違いなく彼女は兄さんと誰かを人違いしてるんだ。

最初に彼女を見た時の敦賀さん。

知り合いだと…感じた。
でも、今までの言動と敦賀さんがどうしても結びつかない。


今、敦賀さんは…何を考えているのだろう。


会話にはまるで入らず憤然とソファに座り、微動だにしない兄さんを見つめる。
私の視線にも気付かず、薄暗い室内で兄さんの視線の先はわからなかった。

敦賀さん……?

そんな考えを数十回繰り返したところで、この会もおひらきとなる。

ホテルのロビーで皆が挨拶を交わし、その場をを離れようと歩く兄さんに初めに声を掛けたのは彼女だった。
腕の袖を軽くを掴み、微笑みながら。

『話を、しましょ?』

振り返った兄さんは深く溜め息をつく。

『お願い……』

初めて明るい中で彼女を見て、私は思わず息をのんだ。
懇願する彼女の表情は眉を顰めているというのに圧倒的な造形美で。
長いまつ毛に縁取られた翡翠色の大きな瞳と、スッと通った鼻梁。
抜けるような白い肌はきめ細やかでシミひとつない。均整のとれた華奢な身体は芸術品のようだ。
黄金で艶やかな髪が胸まで流れ、光を弾きより輝いて見えた。

兄妹としてここにいるというのに、私は唯一の矜持のはずの演技でさえもできず立ち尽くす。

『……離せ』

抑揚のない声に彼女の表情はより険しくなる。
掴んでいた裾から手を離し、バラ色の小さな唇が開いた。

『じゃあ……
貴方がどうしてもダメなら妹さんを、貸してもらうわ』

一歩下がり、クルリと私の方を向く彼女。
私と目が合うと、ニコリと微笑んだ。

そんな彼女の腕を、今度は兄さんが掴む。

『わかった…!行くよ』

『フフフ、嬉しい』

掴んだ手をゆるりとほどき、その腕に擦り寄る。
兄さんの表情は変わらず、その行為を受け入れていた。

『……セツ、お前は帰れ』

この流れをいまだ把握できない。
足に根が生えたように動かない。

やっぱり…知り合いなんだ…。
だって、「兄さん」なら彼女の言葉を承諾するはずないもの。

『間違いじゃないわ。
私は貴方の“恋人”、そうでしょ?』

不意に彼女の言葉を思い出す。

まとまらない頭とは裏腹に言葉が口から飛び出した。

『嫌よ!兄さんが行くなら、私も一緒に行く』

その言葉を聞いて兄さんが何か言おうとしたが、すかさず彼女が遮った。

『場所を、移しましょ』

そうだった。ここはホテルのロビーで、不特定多数の人が往来する場所だ。

私達は彼女に促されるまま、ホテルの奥へと靴音を響かせた。




**********



全く進んでませんね…。なかなか進まず、私の方がやきもきしてます。
最近、書き上げ・即UPなので…誤字脱字に皆様注意して下さい。


web拍手 by FC2

2013.08.20 Tue l Wish l コメント (2) トラックバック (0) l top

コメント

今は
セツとしてでも。

戦い抜いてほしいですね、キョコさんには。

ここで離れたら、素に戻ってから、もう一度同じ距離に戻るのは難しい気がしちゃいますから。

今の恋人である自分との関係を、セツとカインとしてでも見せつけられるといいのですけど。

2013.08.20 Tue l 魔人. URL l 編集
魔人 様
コメントありがとうございます♪

これから本格的な対峙が始まる予定ですが…
なかなか進まず、私の方がめげそうです。
うーーん……。
2013.08.21 Wed l 風鳥. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://kazetorinomawarimich.blog.fc2.com/tb.php/68-6c67f8a8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。