上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

--.--.-- -- l スポンサー広告 l top


『兄さん』

ふと、今までの沈黙を破ってセツが静かに言った。

『ヘレンさんは待っててくれるって。
話しは終わったんでしょ?帰ろ?』

『……そうだな』

俺を見上げる彼女。
それに応えるべく踵を返し、ドアへ向かおうとした。

『待って!』

ヘレンが駆け寄り俺の腕を掴んだ。

『意地悪な言い方をしてごめんなさい。
でも、ずっと探してたの…!ずっと…ずっと会いたいと願っていたのよ…』

宝石のような大きな瞳から、ぽろぽろと滴が流れる。

『貴方が突然ある日いなくなってしまって…』

絞るような声で言うと、腕を掴んだまま床に膝をつく。

『やっと見付けたのよ!また、私の前から急にいなくなったりして欲しくない…。
お願い…連絡先を教えて?』

懇願するヘレンの両肩を持ち立たせた。

『無理だ…。だが、あと1ヵ月もしない内にわかるだろう。
俺はもう、逃げたりはしない』

そうヘレンの目を見据えて、強く言った。
そして、言い終わると同時にセツの肩を抱き、歩き出した。





飲んでしまっているので代行を使いマンションに帰る。
もちろん、彼女をこのまま帰す気などない。
終始無言の彼女。
その手をギュッと握り、キーでドアを開ける。

ダイニングテーブルにはキョーコが作っておいてくれた置いてある。
冷めてしまったそれが、今もなお良い匂いを放っていた。
そこをそのまま過ぎ、リビングのソファに座らせた。


今までも、何度となく告白しようとは考えていた。
いつかは話さなければいけないと、思っていたんだ。
ただ…その『いつか』を考えるのが怖かっただけで。

だが、その『いつか』がやってきた。

切り出し方のわからなかった俺にくれた、チャンスという名のヘレンからのプレゼント。


「キョーコ」

キョーコの隣りに座り、彼女の方を向き、膝の上においてある小さな両手を包む。

「俺の本当の名は、クオン。
クオン・ヒズリというんだ」

彼女の瞳が揺れる。

「父は…知っての通り、クー・ヒズリ。
アメリカで生まれ、15まで暮らしてた」

俺は穏やかな口調で、でもしっかりと、キョーコに話し始めた。

父を尊敬し、芝居の楽しさを覚え、父の影に悩み、すさんでいった自分。
穢れだけが増えていき、親友をどうやって無くしたのかも。
家を出た日の事、日本に来てからの『敦賀蓮』の事も。
今までの事を、包み隠さず話した。
そして、ヘレンの事も。

キョーコは下を向いたまま。
怒るでもなく、悲しむでもなく、驚くでもなく、全てを無言で聞いていた。

「……本当の俺は、カイン・ヒールやB・Jのような男だ。
だからこそ、ヘレンは俺だとわかったんだと思う」

ずっと握っていた彼女の手を離し、フイッと横を向く。

「君とのことは…夢のようなことで…
本当は、俺のようなものが願ってはいけないヒトだったんだ」

ギュッと瞳を瞑り、強く拳を握る。


そう……キョーコは、幸せになってはいけない俺に遣わされた女神だ。


俺の本当の正体を知ったからといって、手放せる筈もない。


俺は未だ反応のない彼女の唇に自分のそれを重ねた。

「…そ……でも…れから……に…ないで…」

味わうようなその行為の合間に、俺は本音を口にした。
そして、答えを聞くのが怖くて、
逃げる素振りがないことをいいことに、俺はその行為を進める。

甘い吐息と俺を狂わす嬌声に混じった彼女の涙を見ない振りをして……
俺はもしかしたらこれが最後なのかもしれない、と思いながら朝まで彼女を放す事はできなかった。


web拍手 by FC2

2013.08.28 Wed l Wish l コメント (2) トラックバック (0) l top

コメント

過去をあかしたことで。
本名も過去もしらない彼氏から、もっと近い存在になれるといいですね。

「もしかしたらこれが最後なのかもしれない」

蓮さん、それを受け入れる気ないでしょう。受け入れたら、ある意味ヘレンの思う壷。

意地でも受け入れない、真の恋愛中の蓮の執着心やしつこさ、嫉妬の凄さをヘレンにみせてあげたい気も。(爆)

2013.08.28 Wed l 魔人. URL l 編集
魔人 様
コメントありがとうございます♪

やっと!ここまで辿り着きましたー!
告白シーンも端折っちゃいました。長いから…。
あとはヘレンさんに度肝を抜いてもらうだけですね(笑)
2013.08.28 Wed l 風鳥. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://kazetorinomawarimich.blog.fc2.com/tb.php/70-0fd64bff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。