上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

--.--.-- -- l スポンサー広告 l top


絡みつく腕が寝返りをした私の身体をグイっと引き寄せ、重い瞼を上げた。
窓を見ればカーテンの隙間からは、差し込む暖色の光が見える。
力強く巻き付く腕に手を添え、私は目を閉じた。
昨夜、この家のキッチンで料理をしていた時からまだ一晩だというのに、なんだか随分と経った気がする。

彼の告白はあまりに衝撃的だった。
と同時に、バラバラのピースがピッタリとはまり、彼の真実がしっかりと見えた。

情事の最中、私は彼の辛さを想って涙した。
彼は私を抱きながら、或いは口づけをしながら、
うわ言のように「俺から逃げないで」「離れていかないで」と言っていた。
何をそんなに恐れることがあるのだろう。
私はもうとっくに彼の懐に飛び込んでしまったというのに。
彼の素性がどんな人でも、私と出会う前にどんな事をしていても、彼が彼であることにかわりない。
………否。
敦賀さんは、あの!クー・ヒズリの1人息子さんじゃない!
ただでさえ私には畏れ多い人なのに…そのうえ先生の……。

彼の腕に添えた手に力を込める。

ヘレン・アーウィン
間近で見た彼女は、言葉で言い表せないほど綺麗な人だった。
服の上からでもわかるほど胸の膨らみは零れんばかりで、そこから繋がる美しい曲線。
彼女の出演映画は数作見ているが、表情・動きどれをとっても参考になる程のものだ。
……敦賀さんの恋人はそんな人ばかり…なのかな……。

はあ…と大きく溜め息を溢す。

彼の腕が巻き付くこの身体は凹凸も少なく、彼を悦ばせる技術もなく、顔は十人並で、演技は素人に毛がはえた程度のもの。
彼の気持ちは『寝言』の一件から、疑うことなく感じることができる。
だけど…こんな私じゃ、彼の心を留まらせることなどできない。
いや…今、この状態こそが奇跡なのか……。

思考がだんだんと悪い方向へと流れて行く。

すると急に巻き付く腕の力が強まり、首筋にチュッとリップ音が響いた。
そのまま滑るような所作で耳元で囁かれた。

「俺とのこと…後悔でもしてるの?」

「…おはようございます、敦賀さん」

「おはよう、キョーコ。
……質問には答えてくれないの?」

後ろから抱き締められる腕の力は変わらない。

「後悔…しているのかもしれません」

彼の額が私の首筋にうずまる。

「だって…『敦賀蓮』でも畏れ多いのに、そのうえ『クー・ヒズリの息子』だなんて。
そんなヒトが…私の恋人だなんて…」

「……そっち?」

頭を上げた彼がキョトンとした顔で呟く。
私は身体を返し、彼の方向いた。

「本当の俺や俺の過去を聞いて、逃げ出したくなったんじゃなくて?」

「逃げ出したいのは敦賀さんを取り巻くビッグネームです」

芸能界一いい男『敦賀蓮』や、『ハリウッドスターの息子』という肩書は私にとって、とても重い。

「私はただの貴方がいいんですよ」

「……敦賀蓮じゃなくても、過去にどんな事をして来ても、俺がクオン・ヒズリでも構わないと言ってくれるの?」

私は肯定の意味を込めて微笑んだ。
そして、迷子の子供のような顔から笑顔になったその唇に、私の唇を合わせた。
軽く触れただけの唇が離れた時、彼が言った。

「まあ…たとえ君が俺から本当に逃げたいと思っても、手放してはやれないから。
だから、すまないけど、逃げるのは諦めてくれ」

今度は正面から彼の腕が私の身体が巻き付いた。
そして、彼の頬が私の額と密着する。

「そうですね…。逃げるのは諦めます。
前例もありますからね」

クスクスと笑った。
どちらともなく近付く唇。その距離があと数ミリ……というところで、枕元に転がしてあった敦賀さんのケータイが鳴った。
2人の視線がそのけたたましく鳴る物に集まる。

チッという舌打ちと同時にケータイに手を伸ばし、液晶に映る名前を確認して電話に出た。

「もしも「蓮ーーー!今どこだ?!」

と少し離れた私のところまで、社さんの声が聞こえた。
その声に時計を見て驚愕した。

こんな時間!

「ああ、すみません社さん。これから用意して向かいますから」

「おいーー(泣)昨日別れる時、しっかり今日の時間確認しといただろーー?」

「本当にすみません。のっぴきならない事情といいますか、よんどころない事情といいますか…
止むに止まれぬ事がありまして」

「わかったから!今すぐ、用意してくれ!」

社さんは敦賀さんの返事も待たずに通話を終了したらしい。
私はというと、時間に驚愕した後、リビングに脱ぎ散らかした服を持って寝室に帰ってきた。
そして、ひたすら必死にそれを着る。

「……キョーコ、愛してる」

不意に彼の大きな手が私の頬を挟み込み、上を向かされた瞬間に深い口づけが落とされた。
そんな場合じゃないのに!と思っていたのに、次第に自分の考えなど溶かされるようにその口づけに応じた。



その日、社さんの雄叫びと共に、無遅刻キングに初の黒星がついたとか……。




**********



や!まだ秘密編完結ではないですよ?
もう少しだけ、お付き合いください(*^_^*)

web拍手 by FC2

2013.08.29 Thu l Wish l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://kazetorinomawarimich.blog.fc2.com/tb.php/71-2ca7e75c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。