上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

--.--.-- -- l スポンサー広告 l top

弱っているキョーコに尚がつけ入ります。
そんなところは見たくない!勘弁して!って方は、Uターンですよ~。



静まり返ったテレビ局の楽屋。
キョーコは今日の蓮の言葉を反芻し、仕事が終わっても動く事ができなかった。

「嘘…か」

いつの間にか、雫が静かに頬をつたっていた。
時計を見ればもう既に、二時間もそこで同じ体制のまま過ごしていた。

「帰らなくちゃ……」

自分に言い聞かせるようにぼそっと口にした。
そして、ゆっくり立ち上がる。

身体が重い。

楽屋を出ようとドアを開けた瞬間、視界に飛び込んできた人物に声を掛けられた。

「よーキョー…コ」

「ショ…ショータロー……!」

瞳の赤いキョーコに瞬時に怯む尚。
いつもならここで怨キョを飛ばして、言葉と態度で噛み付いてやるところだが…
今日は、とてもそんな元気はない。
固まる尚に、キョーコは力なく言った。

「帰るから、そこどいて」

脇をすり抜けようとして、尚に腕を掴まれる。

「キョーコ?」

「放して」

今日は本当にショータローの相手などできない。
身体を動かすのもやっとで。
地面が柔らかく感じ、足が重い。
眼は沁みるし、頭に鈍痛を感じる。
掴まれた左腕は、たいして強い力でもないのに振り払うこともできなかった。

「おい、おまえ何かあったのか?」

明らかにいつもと様子の違うキョーコの顔を覗き込む。
そんな尚から視線を逸らし、キョーコは小さく溜め息をついた。

「家まで送ってやる。来いよ」

掴まれた腕をグイッと引っ張られる。

今日は1人になりたいのだ。
ずっと、瞳の奥に込み上げる熱いものを堪えている。

コイツの前では泣きたくない……。

引っ張られる腕を振り払い、一歩下がった。

「1人になりたいの」

堪え切れなかった雫が一筋落ちる。
尚を睨みながら、これ以上の水分が落ちないよう必死で耐えた。

尚の胸がドキリと大きく脈打つ。
演技じゃない、本当の涙。
それは幼い日にはよく見た光景だというのに、今もなお足が動かない。
いつも慰めることもできずに、ただただ傍で立ち竦むことしかできなかった。
だから、キョーコは尚のいない場所で泣くようになったと言っていた事を思い出す。
「役立たず」
尚のPV出演の時のキョーコの言葉が脳内に甦る。

我知らず、尚はキョーコを優しく腕に抱いた。
それは長く共に過ごしていたのに、泣いているキョーコにする初めての行為だった。

「泣くな。俺は昔からお前の涙には弱いんだ」

「なっ…放して…!」

もがくが、尚の腕は緩まない。
暫らくしてもがくのは止め、キョーコはポツリと言った。

「……私、あんたんちで仲居勤め…するわ」

優しく捲かれた尚の腕がギュッと強まる。

「………だから、あんなヤツやめておけば良かったんだ」

やめらるものなら、とっくにやめてる。
尚の時よりも愚者になるとわかっていたのだから。
けど……私は彼を好きだと認めてしまった。
幻だとわかっていたけど、束の間の幸せを見てしまった。

もう戻れない。

無かった事には出来ない。

ごめんなさい、敦賀さん。
忘れて欲しいと言われたのに、私は忘れる事ができない。

あとからあとから零れる涙。
不覚にも尚の腕の中でキョーコは声を殺し、泣いた。

静かな楽屋の一室に、嗚咽が響く。

抱き締めていた腕を放し、尚は震える小さな肩に両手を置く。
そして、そんな弱り切ったキョーコを目の当たりにして、ショーは涙に唇を寄せた。

「俺のところに戻って来い」

いつもとは裏腹に、その言葉は限りなく優しかった。

「仲居じゃなく、女将になれよ」

女将……それは、跡取り息子たる松太郎と結婚するという事だ。
昔のキョーコだったなら、その言葉は待ちに待った喜びの言葉だろう。

だが……。


茫然自失のキョーコ。
流れる涙を親指で拭き取り、そのまま頤を拾う。
そして、尚はゆっくりと顔を近付けた。







※これは蓮×キョです


web拍手 by FC2

2013.11.01 Fri l リク罠 l コメント (2) トラックバック (0) l top

コメント

ショータローにしては
いい反応ですね。v-218(注:蓮キョ応援中!)

これが第2話のあのキョコさんの発言に繋がるのですね!!

次回はどんな回になるのか、楽しみです!!
2013.11.01 Fri l 魔人sei. URL l 編集
魔人様
コメントありがとうございます♪

はい!こっから第二話に繋がった訳ですが…。
この回、あまりに自分の手の進まなさに閉口しました。

こっからは蓮さんに頑張ってもらいます。
2013.11.05 Tue l 風鳥. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://kazetorinomawarimich.blog.fc2.com/tb.php/87-e204a362
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。