上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

--.--.-- -- l スポンサー広告 l top

久々の『男達の会話』シリーズです。
今回も敦賀さんと貴島くんの会話ですが、ACT190の貴島くんへのでっかい釘刺しは無視しているので、どうかご容赦を。





【Conversation of men Ⅲ】



「敦賀くん、女の子その気にさせる時はどんなてを使う?」

そんな話題をふるのは、隣りに座る貴島くんだ。
例によって、共演ドラマのスタンバイ中の一コマ。
周りはガヤガヤと賑やかだが、皆それぞれ忙しそうに動いていて、実質2人だけの会話となる。

「どんなてって…」

苦笑いで、台本片手に彼を見る。

「100%女の子任せで、押し倒されてばかりじゃないだろ?
やっぱ男なら、押し倒されるよりは押し倒す方が愉しいし…」

爽やかな笑顔で、爽やかではない話の内容だ。

「まあ、そうだね」

「そんな流れに持ち込むには、やっぱりお酒?甘い言葉?勢い?」

「貴島くんはそんなてを使わなくとも、最初から女の子もそのつもりで自然にその流れになるんだろ?」

「うーん、まあ…そう言われてみればそうなんだけど」

少し考える素振りをしながら答える貴島くん。

「でも、全くそんな流れにならない子もいるだろ?」

まあ……確かに。
俺の頭の中に浮かぶ1人の女の子。

「そんな時は敦賀くんならどうしてる?」

台本を閉じ、脚を組む。

頭に浮かんだあの娘をその気にさせる方法があるのなら、ぜひ俺も聞きたいくらいだ。

そして、俺は元・彼女達の事を思い出した。

あちらの国は、性行為に対する考え方が日本とは違う。
行為自体もまるでスポーツのような感覚で。
日本のように、奥ゆかしいまでの恥じらいなどないのだ。
母国の女性達は性に対して実に率直で、シンプルで、オープン。

そんな彼女達と自然にそんな雰囲気になる事はあっても、完全にこちらからその気にさせた事は…
そういえば一度も無かったかもしれない。

「……考えてみると、今までそんなの考えた事もなかったな…」

「お…珍しいね。こういう話題を振られるといつもはやんわり逃げるのに」

「そんなことないよ」

クスリと笑う。

「寧ろ俺が聞きたいよ。
貴島くんなら、そんな雰囲気を華麗にスルーする女の子をその気にさせたい時はどうする?」

「うーーーん」

腕を組み考え込む。

「やっぱり…一番手っ取り早いのは、強引に進めちゃう事だよね。
雰囲気とか何もかもすっ飛ばして」

……そんな事したら、俺という存在が瞬殺されてしまうこと間違いない。

「まあ…でも、それが通じるのは間違いなく自分に気がある女の子限定だろ?
その前提がなければ、いきなりそれは犯罪になる」

「うーん。なら、やっぱり酔わせる?」

酔わせたらどんな彼女になるか見てみたいが…。

「効率的だけど……未成年には使えないね」

「じゃあ、雰囲気のある場所に連れて行って、甘い言葉で惑わせちゃう?」

そんなオトコの雰囲気など出したら、途端に固まるか瞬時に逃げる最上さんが目に浮かぶよ。

「……そんなことで落ちるかな…?」

「…………。
つまり敦賀くんは今、自分に気があるかわからない、未成年の、甘い言葉に惑わないような女の子を…
その気にさせたいんだ」

「………」

貴島くんの口端が上がる。

「ずいぶん骨の折れそうな子にご執心なんだね」

わっるい笑顔を張り付け、背もたれに肘をついたその手の平に顎を乗せる貴島くん。

「それとも…そんな子だから、ご執心になるのかな?」

ニコニコする貴島くんに、「そうかもね」と小さく呟き笑顔を返した。

「まあ、わからないでもないけどねー。
なかなか靡かない女の子をどうやって落とすか…っていうのは楽しいよね」

まるでゲームのような物言いは、いかにも楽しそうだ。

「だけど…俺はやっぱり、挑むような視線の…そそる女の子がいいかな。
不二子ちゃんみたいな」

ふじこちゃん……そういえば前、最上さんも言っていた名前だな。

「じゃあ、手強い女の子を落とす為のアドバイスだよ、敦賀くん」

パイプ椅子ごとガタガタと近寄り、耳打ちをした。

「そんな女の子には、押して引くんだよ」

「ちょっと古典的で王道過ぎない?」

「いや、王道は定番になるほど間違いがないんだよ。
だからこその王道、だろ?」


……押して、引く…か。


考え込もうとした時「貴島さん、敦賀さん、スタンバイお願いしまーす」というスタッフの声が響いた。
持っていた台本を椅子に置き、二人同時に席を立った。






**********




この後、蓮さんが『押して引く戦法』を実行し、結果どうなったのかは……皆様のご想像通りということですかね?






web拍手 by FC2

2013.11.22 Fri l Conversation of men l コメント (4) トラックバック (0) l top

コメント

もしも実践しても
たとえ実践しても 逃げられますよね。
押したら速攻逃亡はかりそうですし、引いたらひいたで自分には魅力ないからって言いそうだし。
一番やっかいな相手ですよね。
2013.11.22 Fri l 美音. URL l 編集
ただ機嫌を悪くしてみる程度なら
自分が悪いことしたかもの場合は土下座で謝罪されるオチになるでしょうけど、恋愛を匂わしておいて、引かれたら、キョコさんの場合蓮さんにとって致命的な結論を出して、手が届かないとこにいってしまいそうですよねー。

想像通りですかねw

キョコさんには泥臭く、飾らずに攻めるほうがいいかとー。(赤面しながらしどろもどろ!!)
2013.11.22 Fri l 魔人. URL l 編集
美音様
コメントありがとうございます♪

そうですよね!押せばまず間違いなく逃げ、その後引いたら「やっぱりね」みたいな。
さすが、ラブミー部のラスボスですね。
2013.11.27 Wed l 風鳥. URL l 編集
魔人様
コメントありがとうごさいます♪

そうですよね!全くその通り。なかなか手強いラスボスです。
たとえ王道かつシンプルなその手段でも、確実に悪化の一途をたどるのは間違いないですよね。
なので、そんな誰もがする予想とは敢えて違うこの後を少し想像してみましたが…。
うーーん。
UPするほどのものではないと即座に気が付き、止めました(^-^;
2013.11.27 Wed l 風鳥. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://kazetorinomawarimich.blog.fc2.com/tb.php/91-5cd7ffdd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。