上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
前回注意したように、今回からのクオンさん編は大変残念な感じになっております。
正直、見ない方が良いかと…。
それでも、本当に、どんなんでも、全く平気!という方のみ…この先へどうぞ。












「クオン、また別れたんだって?」

どこから仕入れてくるのか、昨日の話だというのになんて早い情報網だ。

「ああ…まあね」

白衣の袖に腕を通し、同僚がいつものコーヒーをすするデスクへと移動した。
大きな白いデスクを同僚と4人で囲み、朝出勤してまず一番最初にする一杯。
そんないつも通りの朝の一コマに出た話題だった。

「前回のゆうこちゃんより短かったな、今回の子」

「そうだな」

終わった話など、どうでもいい。

「クオンは本当に淡白だよな~。
今まで長くてどの位?」

「さあ?1ヶ月か…2ヶ月はもった事ないな」

「サイクル早っ!」

男3人が俺の方を見て、呆れ顔をした。


正直俺は、女の子に不自由した事がない。
いわば、来るもの拒まず去る者追わず。

「また別れた」なんて言うけど、俺は何もしていない。
女の子は大切にするよう育てられてるし、変な性癖も多分…ない。
いつでも優しく接しているはずだ。

付き合いたいって言うから付き合って、別れたいって言うから別れた。

ただ、それだけ。


「じゃあさ、次は3ヶ月続けられるか賭けてみようか」

隣りに座る1人が悪ノリし始める。

「いいね~。
でも告って来た相手じゃつまんないから、クオンが告ってみてよ」

冗談……一蹴しようとしたが、他の奴らがノリ出す。

「続かない、に一万円!」

「俺も~」

「もちろん、俺も続かないに一万円」

………おい。


これがこのゲームの始まりだった。


次は相手探しだ。
朝から社内の女子の物色に忙しいようだ。
『俺の』相手を探す、俺ではない3人の男達。

「あからさまにクオン狙ってる子は却下ね」

「うーん」

「固そうな子の方が続くんじゃないか?」

それぞれが好きなように言っている。

「あっ!あの子なんてどうよ?」

窓を覗いていた1人が指差した。
一斉に他の2人が窓に張り付く。

「ああ、あの子知ってる。
確か、総務課の最上さんだ」

俺も後ろからチラッと見るが、顔まで確認できなかった。

「よし、決まり!総務課の最上さんにしよう」

……俺に決定権とかは、無いのか?


そんな具合で面倒だとは思ったが、流されるようにその日の昼休み、最上さんがいるという屋上へと向かった。



「最上さん、俺と付き合って下さい」

ありきたりな告白だな…。
我ながら何とも味気ない。
まあ、しょうがないか…初めての告白だし。

俺の言葉に、目を丸くして口が半開きの彼女。
そんな彼女に、俺はニコリと微笑んだ。

さっさと返事を…と思ったのだが目の前の相手はいつまでも固まっている。

まぁ…初対面の人間に突然告白されても困るよな。
フラれるのは面白くないけど、初めての体験として経験しておくのも悪くはないか。
こんなゲームとっとと終わらせてしまいたい。
そう思い 「ダメ…かな?」と言った。

「だめ…だなんて」

でも返って来たのは思った言葉とは違った。

「あの……よろしくお願いします」

それは、小さな小さな声だった。



昼休みの報告に湧き立つ同僚達。

「クオン、あくまでも最上さんには『賭け』の事バラすなよ?」

「…了解」

……あれ?そういえば、最上さんって下の名前何ていうんだ?



そんな感じで俺は最上さんと付き合い始めた。
まだ暑い日が多い、9月の事だった。





**********




正直これ、桃ではないけど…限定にしてしまおうか、直前まで悩みました(泣)
こんなクオンさんを大々的に公に堂々と出していいものか?と。

まあ、こんなお人だからこそ、敢えて蓮さんではなくクオンさん抜擢の、クオン×キョーコなんですよね~。
だって…どう転んでも蓮さんはこんな事しないですから。



web拍手 by FC2

2013.12.14 Sat l Ставка l コメント (8) トラックバック (0) l top

コメント

いや~~な久遠さん。
自分のことなのに他人まかせ。
本気でなかった のに・・・。
今更本気出す気なのかしら?
自分が掛けの対象だったとしたら、普通ならば 二度と心を開きませんよね。どうするんでしょう キョコちゃん。
2013.12.14 Sat l 美音. URL l 編集
来た来たきたー!!!!
もう正直、続きが待ち遠し過ぎて何度もチェックしちゃいましたよー!!
こんな始まりだったわけですかぁー!!なるほどなるほどっ!!

そして風月的にはキョーコちゃんから別れを切り出された段階ではまだ他の娘と同じくらいにしか思ってないんじゃないかなぁ〜なんておもってます!!
そして、別の子と付き合い始めるのだけど何故かキョーコのことばかり思い出してしまってアレ??みたいな。
そんな妄想が繰り広げられてしまうのですー!!

あ、何が言いたいかと言いますと、どんな展開でも、たとえクオンが最初どんな気持ちだったとしても、最終的に蓮キョ(クオンキョ)でハピエンになるならどんなお話でもどんとこーーいっていう心境です♪
続き本当にたのしみにしておりますー!!

応援してます!!(*^o^*)
ハラハラドキドキさせられるお話は大好きですー!!
2013.12.14 Sat l 風月. URL l 編集
私も!!\(^o^)/
ハラハラドキドキさせられるの大好きです!!\(^o^)/
最後はハピエン限定ですが…

あ~、なるほど!! なぜ蓮×キョーコじゃなくてクオン×キョーコなんだかわかりました!!
確かに蓮様はこれはないですね。でも、なぜかクオンはありそう…
同一人物なのに、なんとなく別人…
この、ビミョーな感じスキビ好き~ならわかります!!

最後はハピエンなら、どんなクオンでもキョーコちゃんが教育し直してくれると思います!!
ピュアなキョーコちゃんにかかれば、クオンだって……

次回も楽しみにしていますね~\(^o^)/
2013.12.15 Sun l しゃけ. URL l 編集
最低のはじめかたをしたお付き合い
彼が「賭けはともかく、黙ってたらこのまま付き合えるだろう」と、真剣交際を意識したのはいつだっんでしょうね。

続きも楽しみにしてます。(ΦωΦ)フフフ・・
2013.12.15 Sun l 魔人sei. URL l 編集
美音様

コメントありがとうございます♪

本当、どうしようもないですよね…このクオンさん。
これからキョーコさんへの気持ちに気付いて行くんでしょうけど…今のコレじゃあ…ね。
2013.12.16 Mon l 風鳥. URL l 編集
風月様
コメントありがとうございます♪

そう言って頂けると本当に嬉しいですーー!!

> そして風月的にはキョーコちゃんから別れを切り出された段階ではまだ他の娘と同じくらいにしか思ってないんじゃないかなぁ〜なんておもってます!!
> そして、別の子と付き合い始めるのだけど何故かキョーコのことばかり思い出してしまってアレ??みたいな。

それ…すごくイイ!!
次回のお話は17日にUP予定ですが…そのお話も『もう一つの物語』的な感じで妄想したい!!
というか…しても良いですか……?(鼻息荒い←)

こんなクオンさんですが、もう少しお付き合い下さい♪
2013.12.16 Mon l 風鳥. URL l 編集
しゃけ様
コメントありがとうございます♪

やっぱり最後はハピエンですよね☆
蓮さんとクオンさんは同一人物なのに、こんな設定妄想もできちゃうって本当に凄い!
さすが『スキビ』です。

クオンさんも蓮さんですから…この後は頑張ってくれるはず…?
2013.12.16 Mon l 風鳥. URL l 編集
魔人様
コメントありがとうございます♪

> 彼が「賭けはともかく、黙ってたらこのまま付き合えるだろう」と、真剣交際を意識したのはいつだっんでしょうね。

その答えは次回17日の更新で明らかになります☆
浅はかなクオンさんを、ぬるーい感じで見てやって下さい。

本当、最低な始まりですよね…。
2013.12.16 Mon l 風鳥. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://kazetorinomawarimich.blog.fc2.com/tb.php/96-5a60735d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。