上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

--.--.-- -- l スポンサー広告 l top


祝☆二周年!魔人様、おめでとうございます♪

ということで今回、『空の青』番外編をお贈りしたいと思っております~♪

番外編では、本編で置き去りにしてあった伏線の回収を致します。
ご迷惑にならないことを祈って…どうぞ!






【空の青 番外編】~前編~




並んだ大小の本と、窓から差し込む穏やかな日差し。
俺と彼女を隔てる机に、風に揺れる葉のシルエットが躍った。

シンとする図書館で向かい合うこの時間が永遠のように感じる。
肩肘をつき目の前のうつ向き気味の彼女をさり気なく見ながら、俺は小さく微笑んだ。

「さっきから進んでないようだけど、わからない所でもあるの?」

暫らく問題集と睨めっこをしている最上さんに静かに声を掛けた。
すると、眉をハの字にしてコメカミに左の人差指でつつく彼女と目が合う。

「こ…ここの応用問題なんですが……」

指された文字の羅列に視線を落とし自然と彼女に近付くと、コツンと頭同士がぶつかった。
ほど近い距離で目が合い、暫しの沈黙。
そして、音になりきらない小さな笑い声の合唱が、穏やかに図書館に響いた。



最上さんは高校2年生、俺は大学へと進学し、登校時の小さな逢瀬はできなくなってしまった。
だが、今はこうして想い人は傍にいてくれる。俺の彼女として。
今日はもうすぐ中間試験だと言う最上さんと、図書館で勉強することにしたのだ。


卒業式だったあの日、校門にいた最上さんに告白をした。
華奢な身体を抱き締め、何度も「好きだ」と呟いた。
その言葉に、最上さんは言ったのだ。

「わ…私も……好きです」

と、震える声で。
その日、俺は最上さんの彼氏の座を手に入れた………のだと、思う。

彼女のことを考える度に、甘い気持ちと共に這い上がってくるこの気持ち。
俺はそれをどう扱っていいのか、迷っていた。

思い出すのは…揃いの制服を纏い、肩が付くほどの距離で歩く二人。
その周りには他の誰も立ち入れないような空気を作っていた。
明らかに…ただのクラスメートや友達といった会話と雰囲気ではない二人を、あの日俺は見ていることしかできなかった。
アイツは「昔から」と言っていた。つまりは昔からそんな関係だったということだ。
今でもアイツに弁当を毎日作っているのだろうか?

あの時の彼は、最上さんの何?

聞いてしまいたいと思う。
でも、聞いてしまったらこの関係が終わってしまうのかも…とも思う。

もしも……もしも、俺との関係は仮もので、アイツの方が彼氏だと言われたら…。
もしも、俺に言った「好き」が俺のそれとは違う意味だったら…。
そう思うと、甘い気持ちと共に這い上がってくるこの気持ちをどうすることもできず、抱きかかえることしかできなかった。

俺は彼女が指した問題を解く要点を丁寧に教えながら、心の中で一つ溜め息をついた。


勉強に一区切りつき図書館を後にすると、空は青から赤に綺麗なグラデーションを映していた。
図書館の隣りにある中規模の公園に、俺達は足を進める。
そして、緑に包まれた小道を過ぎ、小さな池の隣りにある木製の三人掛けに腰を下ろした。
先程まで子供達の明るい声がそこかしこに響いていたが、いつの間にかそれもなくなった。

隣りを見ればニコニコと周りの景色を楽しむ最上さんの横顔がある。
視線を察知したのか煌めくような瞳がこちらを向いた。

「敦賀さん、今日はありがとうございました。
テスト勉強に付き合ってもらっちゃって」

ニコリとした笑顔の彼女に、俺の顔も綻ぶ。

「いや、試験頑張ってね」

黄金色の空が彼女を一層輝かせていた。

無言で視線が合わさる。

俺は手をゆっくりと彼女の首の後ろにやり、顔を近付けた。

唇に伝わる柔らかい感触。

ほんの一瞬だったが、確かなその感触に高揚した。

ゆっくり瞼を上げた彼女と目が合うと、その顔が真っ赤になる。
そんな最上さんがたまらなく可愛い。

「好きだよ…最上さん」

そう言った俺に彼女は、言葉の返事の代わりに更に顔を赤くして微笑んだ。



初めて彼女の唇に触れた。

その行為に拒否は無かった。

それどころか、顔を赤くし好意的な印象ですらあった。


やっぱりアイツの事は杞憂だったんだ。


そんなふうに浮かれていた俺の前にアイツが現れたのは、その日の帰り道だった。





web拍手 by FC2

2013.12.20 Fri l GIFT l コメント (2) トラックバック (0) l top

コメント

まだ彼氏になれたという確信のない
少年の不安定な想いがいいですねーー!!

後編では、噂の弁当少年(?)登場?

彼はキョコさんの何なのか!蓮さんに何か言うのか!いろいろ楽しみにしてます!!

素敵に楽しい番外編アップ有り難うございました!!:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・
2013.12.20 Fri l 魔人sei. URL l 編集
魔人様
コメントありがとうございます♪

もちろん、後編は噂の弁当少年がご登場ですー!
初々しい(?)お二人を書ければいいな~と思っています。
それが一番難しい…。

おめでたい席にコッソリ便乗させて頂き、ありがとうございます♪
2013.12.20 Fri l 風鳥. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://kazetorinomawarimich.blog.fc2.com/tb.php/99-3b77e3d1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。